【Googleフォトが最強】iPhoneで撮った写真をバックアップして空き容量を増やす方法

[appbox appstore 962194608] [appbox googleplay com.google.android.apps.photos]

今回はiPhoneで撮った写真をGoogleフォトにバックアップして端末の空き容量を増やす方法を紹介します。

ですがその前にAppleのiCloudについて説明するので、必要のない人は飛ばしてください。

マイフォトストリームやiCloudフォトライブラリを使用せずGoogleフォトを使う理由

そもそもGoogleフォトを使わなくても、iPhoneやiPadのApple製品には写真をクラウド上(Appleのサーバ)へ保存してくれる機能があります。

  • マイフォトストリーム
  • iCloudフォトライブラリ

この2つです。

img_0337

マイフォトストリームとiCloudフォトライブラリの違いは、以下のブログに分かりやすく表で説明してくれてたので割愛します。

マイフォトストリーム iCloudフォトライブラリ
iCloudストレージ 消費しない 消費する
本体ストレージ 消費が多い 消費が少ない※1
解像度 PCでのダウンロードでは劣化無し。
iPhoneの場合は解像度の最適化(縮小)が行われる。
劣化無し
保存期間 30日間 無制限
保存枚数 1,000枚 無制限
写真のアップロード
動画のアップロード 不可

※1 iPhoneの「設定」→「iCloud」→「写真」→「iPhoneのストレージを最適化」をオンにした場合。

詳しくは、iCloudフォトライブラリとマイフォトストリームの違い

バックアップや端末の空き容量を増やす目的の場合は、保存期間の関係で必然とiCloudフォトライブラリを選択するようになります。

しかし、このiCloudフォトライブラリは無料で5GBまでしか使用できません。

その5GBの中にはアプリやデータ、メールを含めての容量になっています。

img_0327

もちろんお金を払えばiCloudの容量を増やすことができます。

以下はiCloudストレージの料金プランになっています。

img_0329

50GBで130円なら意外と安い気がしますね。

でも今回紹介するGoogleフォトなら無料で無制限に写真を保存することができます。

  • 高画質(1600万画素までの写真なら容量無制限)
  • 元のサイズ(保存容量を消費)

Googleフォトの使い方

Googleフォトをダウンロードして起動したら、まずは自分の環境にあった設定をしてください。

設定をするべき項目は、下記の3つです。

  • アップロードサイズ
  • バックアップのタイミング

アップロードサイズについて詳しくは以下に説明しています。

バックアップのタイミングはWiFi時のみバックアップするか、モバイルデータ通信時にもバックアップするかを選択できます。

自宅にWi-Fiがある人は通信量節約のために「モバイルデータ通信を使用してバックアップ」をオフにすることをおすすめします。

img_0324

Googleフォトを使うなら無制限保存できる高画質設定がおすすめ

アップロードサイズとは、先程説明したとおり高画質で保存するか、元のサイズで保存するかということ。

img_0338
高画質設定の場合は、Googleのストレージを消費しないので無制限に保存可能です。

元のサイズの場合は、Googleのストレージを消費します。
(※15GBまでなら無料で使用可能ですが、それ以上は有料となっています。ちなみにAppleのiCloudで無料で使用できる容量は5GBまで。)

高画質でのアップロードは無制限に保存可能というのが、Googleフォトを使うことの最大のメリットです。

高画質設定の場合、1600万画素までの写真や1080pまでの動画はリサイズされないようです。

iPhone6Sで撮った写真は1200万画素なのでリサイズされることなく、無制限に保存できます。

ただ注意点として、リサイズされないってだけで圧縮はされているようです。

2016-12-04_12_26_12

圧縮がどれだけ画質に影響があるかを気になって調べてみたところ、全くと言っていいほど気になりませんでした。

以下は「高画質」と「元のサイズ」でアップロードしたときの写真です。

まずは元のサイズの写真 ↓

googlephoto

 

次に高画質設定で圧縮された写真 ↓

googlephoto

 

さすがにこれでは分からないので拡大してみます。

元のサイズを拡大したもの ↓

full_resize1000

 

高画質設定(圧縮)で拡大したもの ↓

googlephoto_resize1000

 

さらにdocomoのところを拡大して比較してみます。

左が元のサイズ、右が高画質で圧縮されたもの。

full_resize300googlephoto_resize300

僕にはあまり違いがわからなかったので、スマホでみたりする分には問題ないと思います。

バックアップが完了した後は、端末に保存されている写真を削除するだけ

「設定」→「端末の空き容量の管理」→「空き容量を増やす」をタップ

img_0340

 

お気に入りの写真だけiPhoneに保存して置きたいって思ったら、Googleフォトの右上にある「・・・」→「写真を選択」をタップします。

img_0347

 

ダウンロードしたい写真を選択したら右上のボタンをタップして「画像を保存」

img_0346

これでいつでもお気に入りの写真をiPhoneにダウンロードできます。

iPhoneの空き容量が少なくて困っている人はGoogleフォトを使って写真管理をしてみると世界が変わるかもしれません。(大袈裟)

[appbox appstore 962194608] [appbox googleplay com.google.android.apps.photos]
スポンサーリンク