【iPhone】Safariで保存しているアカウントのパスワードが丸見え【管理には要注意】

アプリやネットをしているとアカウントが必須なサービスが多くて、ついついiPhoneでパスワードを保存をしている人が多いのではと思います。

僕もiPhoneのSafariを使用していてログインが面倒でパスワードの保存をするようにしています。

Safariを使用していると、アカウント作成やログインした際などに下の画像のように「パスワードを保存」するか尋ねられたことがあると思います。

 

img_0316

ここでパスワードを保存している人には注意してもらいたい。

なんとSafariで保存したアカウントとパスワードはiPhoneから丸見えなんです!

保存されたパスワードの確認手順は、「設定」の「Safari」から「パスワード」をタップします。

img_0317 img_0318

するとSafariで保存したIDとパスワードの一覧が表示されます。

このパスワードの一覧画面を表示するにあたり、Apple IDなどのパスワードを求められることなく見れてしまいます
img_0319

対策

iPhoneを手放している間や紛失してしまったときには、自分のアカウントが全てバレてしまいます

そうならない為にも、iPhoneは必ずロック(指紋認証)をかけるようにしてください。

まあ指紋認証の場合は、寝てる間に解除されてしまいますが・・・

後は、紛失したことを考えて「iPhoneを探す」機能をオンにしておくことをおすすめします。

img_0320 img_0321 img_0322

 

「iPhoneを探す」をオンにしておくと「iPhoneを探す」アプリもしくは、ブラウザで「icloud.com」にアクセスすることにより

紛失したiPhoneの位置情報が取得できるようになります。

2016-12-04_9_02_36

最後に「iPhoneを探す」で位置情報を取得すると、探されている端末のApple IDのメールアドレス宛に通知が来るので悪いことは考えないように。

img_0323
スポンサーリンク