格安SIMの中からFREETELを選んだ理由

前回の記事でドコモからフリーテルへMNPした場合の料金の比較を行いました。

今回はFREETELのメリットや選んだ理由について話します。

FREETELを選んだ理由

僕がFREETELの格安SIMを選んだ理由は以下になります。
1つずつ説明していきます。

・使った分だけ安心プラン(100MB〜20GB/¥999〜¥5,570)
・初回の事務手数料が299円
・混雑時にも強いらしい
・MNP切り替え時の不通期間がない
・AppStoreや各種SNSの通信料が無料

FREETEL最大の特徴の「使った分だけ安心プラン」

このプランは昔あったパケ・ホーダイ ダブルをさらに小刻みにしたプランだと思ってくれると分かりやすいかな?

2016-11-17-5-22-54

20GBまで高速通信ができてそれ以降は200kbpsの規制になります。

8段階の定額制になっており通信を使わなかった月は安く、たくさん使いたいときは20GB(¥5,570)まで高速通信ができます。

5,570円が高いと思うかもしれませんが、基本使用料+データ通信料の料金ですのでドコモの場合で最安プランと比較すると

カケホーダイライト ¥1,700
データSパック(2GB) ¥3,500
合計 ¥5,200

ドコモの場合5,200円で2GBまでしか使えないのに対して、フリーテルは5,570円で20GBまで使えます

また1GB〜3GBくらいしか使わなかった月の場合は、1,199円〜1,600円に抑えることができます。

このプランがフリーテルの最大のメリットだと僕は思います。

もちろん従来の定額プランもありますので、この料金以上は超過してほしくないって考えている人にも安心です。(※通話料は別途かかります。)

2016-11-17-5-43-20

初期事務手数料が299円!

大手3キャリアや格安SIMなどのMVMO事業者で新規契約やMNPした場合、初期手数料3,000円がかかることが多いのですが、フリーテルの全プラン対応パック(ニクキュー)では299円なのでかなり安いです。

またフリーテルでも初期手数料3,000円のSIMカードがあるみたいで、そのSIMでは1年間299円割引のキャンペーンが利用できるみたいです。

−299円×12= −3,588円のお得ということですね。

つまり「使った分だけ安心プラン」のデータ専用の場合、1年間は100MB以内なら0円で利用できるということです。

2016-11-17-5-48-46

12時〜13時の混雑時にも強いらしい

会社の昼休みである12時〜13時はみんなが一斉にスマホを使うのでかなり混雑するようです。

そんな中、他の格安SIMでは速度がガクンと落ちるようなのですが、フリーテルでは大手3キャリアに負けないくらい速度が出せるそうです。

2016-11-17-6-20-06

この変に関しては、使用してみないと分からないので使ってみてから報告したいと思います。

MNP切り替え時の不通期間がない

他の格安SIMでは、MNPの予約番号切り替えのため約1日〜3日くらいスマホが使用できない期間があります。

それは困るので自分もなかなか格安SIMに手を出しづらかった原因ではあります。

  1. キャリアでMNP予約番号取得
  2. MNP予約番号と合わせてドコモ回線の格安SIM業者にネット申し込み
  3. 業者側で回線切り替え後にSIMを郵送(電話不通)
  4. SIMの到着&回線開通(不通期間約3日)

そんな悩みもフリーテルなら携帯の不通期間が数分で済みます。

  1. キャリアでMNP予約番号取得
  2. MNP予約番号と合わせてドコモ回線の格安SIM業者にネット申し込み
  3. SIMの郵送
  4. SIMの到着&管理画面から回線切り替え
  5. 回線開通(不通期間ゼロ)

実際に僕が切り替えにかかった不通期間を後日報告いたします。

2016-11-17-6-34-45

 

AppStoreや各種SNSの通信料が無料

AppStoreでアプリをたくさんダウンロードする人や、ポケモンGOをプレイしている人にはお得です。

でもLINEの場合は動画や通話は対象外なので注意してください。

SNS無料対象

AppStoreの無料通信対象

【無料対象】
 ・AppStoreからのアプリダウンロード
 ・AppStoreでの検索
 【対象外】
 ・iOSのダウンロード
 ・Apple Music
 ・iTunesからの音楽ダウンロード
 ・iTunesからのビデオダウンロード
 ・ルーター経由でのiPhoneからのダウンロード

LINEの無料通信対象

フリーテルLINE

残念ながら通話は対象外のようです。

実際LINE通話がどれだけの通信量になるのか気になったので調べてみました。

【LINE通話の通信量】

  • 1分あたり 0.3MB
  • 1時間あたり 18MB
  • 1GBで話せる時間 55時間34分

【LINEビデオ通話の通信量】

  • 1分あたり 2.1MB
  • 1時間あたり 126MB
  • 1GBで話せる時間 7時間56分

無料通信対象外でも全然問題なさそうですね。

フリーテルへ乗り換えすることを決めた

自分には「使った分だけ安心プラン」「混雑時にも強い」「不通期間がない」ということで乗り換えの決心がつきました。

当然ドコモよりかなり安いってことも大きいですが^^

ドコモのメールアドレスをよく利用されている方はなかなか決心しづらいかもしれませんが、それだけで年間数万円を損するのは勿体無いので検討してみたほうがいいとは思います。

パソコンでもそうなんですが、プロバイダのメールアドレスをメインで使うとなかなか解約の決心がつきづらいので、キャリアメールやプロバイダのメールを使うより、どこと契約してても使用できるメールを使うほうが良いと思います。

GmailやOutlookなどのフリーメールですかね。

次回は実際にフリーテルへの乗り換え(MNP)手続きをしたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク