【2年で約11万円節約】ドコモからFREETELの格安SIMへMNPしたときの1年間の料金を比較してみた

現在ドコモのiPhone6Sを契約中で毎月9000円ほど払っています。(端末代込)

こんな感じです↓

基本使用料(カケホライト) ¥1,700
通話料 ¥6
データMパック(5GB) ¥5,000
SPモード使用料 ¥300
AppleCare ¥666
月々サポート割 −¥2,538
端末代分割支払金 ¥3,793
合計 ¥8,927

データSパック(2GB)にすれば1,500円安くなるのだけど、月々サポートが適用されなかったり減額されたりします。

約9,000円を2年支払うと9,000×24=216,000円になります。(iPhone6S本体代込)

しかも自宅にWi-FiがあるのでデータMパックの5GBのうち1GBくらいしか使っていなかった

さすがに高いと思いまして格安SIMを検討していましたが、端末代分割も12ヶ月残っていて2年縛りの違約金10,260円がかかり(更新月は1年後)ずるずるとドコモに縛られていました。

でも計算してみると、さっさと格安SIMへ乗り換えた方が安いのだと分かりました。

今回は2年縛り中で、端末の分割支払が残っている僕がなぜFREETELへ乗り換えようかと考えたのか。

それについて話したいと思います。

今から1年間支払う携帯料金をドコモとフリーテルで比較してみた

端末分割支払金が残り12ヶ月分残っていましたので、そのままドコモで1年間使い続けた場合の合計金額と、フリーテルに乗り換えた(MNP)した場合の1年間の合計金額を比較したいと思います。

ドコモの場合

僕の2016年10月のドコモの請求は以下です。

img_0299 img_0300

「その他のご利用料金」が-1,189円になっていますが、これは月々サポートが-2,538円でそこから

  • dアニメストア 400円
  • AppleCare 666円
  • spモード 300円

を計算した割引になっています。

AppleCareなどの保険やdアニメストアの料金は除外して比較したいと思います。

2016年10月のドコモの携帯料金9,793円からAppleCareとdアニメストアを引くと

9,793 − 666 − 400 = 8,727円になります。(税込み)

ドコモで1年間支払い続けたときの合計は、8,727円 × 12 = 104,724円 になります。

 

フリーテルの場合

僕の場合ドコモのデータMパック(5GB)に加入していますが、毎月そこまで使っていません。

月平均で3GBも使っていませんが、フリーテルでは3GBの料金で算出してみます。

3GBまでの基本料金 ドコモの端末分割支払金 合計
1600円 3793円 5,393円

5,393円がフリーテルに乗り換えて支払う毎月の携帯料金になります。

これに12をかけると 5,393円 × 12 = 64,716円

64,716円がフリーテルに支払う1年間の料金になります。

ただフリーテルへの乗り換え(MNP)には下記の初期費用が含まれます。

2年縛り解除料 10,260円
MNP転出手数料 2,160円
新規契約事務手数料 322円
SIM発行料 394円
合計 13,136円

これを先程の1年間の料金に加えます。

フリーテル1年間分 MNP初期費用 合計
64,716円 13,136円 77,852円

フリーテルへ乗り換えて1年間使った場合の料金は、77,852円です。

フリーテルへMNPした方が安かった

両者を比較すると、

ドコモ1年間 フリーテル1年間 比較
104,724円 77,852円 26,872円

2年縛り中や、端末代が12ヶ月分残っていた僕の場合

フリーテルに乗り換え(MNP)した方が、26,872円も安くなるんです!

ちなみに端末代を払い終えた2年目からの料金を比較すると、

ドコモ
基本使用料(カケホライト) ¥1,700
データSパック(2GB) ¥3,500
SPモード使用料 ¥300
合計 ¥5,775(税込み)

 

フリーテル
基本使用料(3GB) ¥1,600
合計 ¥1,728(税込み)

カケホーダイライト(5分間無料)がなくなりましたが、データ通信が1GB増えて約4,000円安くなります

これを2年縛りがあるからと言ってまるまる2年使用した場合、違約金を差し引いても86,000円損したことになります。

データMパック(5GB)の契約なら約113,000円の損になります。

そこでフリーテルの格安SIMを検討してみることにしました。

次回は数ある格安SIM事業者の中から、僕がフリーテルを選んだ理由について説明します。

 格安SIMの中からFREETELを選んだ理由

スポンサーリンク