Macのディスプレイは反射で目が疲れる!対策してみた

mac反射

僕は2010年からMacを使ってるんですが、使っていると結構目が疲れてくるんです。

それはなぜか?
ブルーライト?

違います。(そもそもブルーライトカットのメガネに医学的根拠は無い?

光沢ディスプレイによる反射(映り込み)の影響です。
テレビやPCモニタの多くが反射防止モニタを採用しているので、僕は私生活であまり気にすることがなかったんです。

でもMacを使うようになってから非常に目が疲れるようになりました
Macのディスプレイは非常にキレイですが、すごく反射します。

一昔前のMacでは光沢ディスプレイと非光沢ディスプレイが選べてました。

でも今は光沢ディスプレイに低反射コーティングがされるようになったので、非光沢ディスプレイモデルが廃止されました。

この低反射コーティングがどの程度実用的なのかが気になったので、低反射コーティングモデルと非光沢ディスプレイモデルを比較してみました。

低反射コーティングモデルと非光沢ディスプレイモデルの比較

左が低反射コーティングのMacbook、右が非光沢ディスプレイのMacbook

20161107
低反射コーティングモデルと非光沢ディスプレイモデルの比較記事がITmediaさんから出ていたので気になる人は見てみてください。
「MacBook Pro Retina」は本当に美しい? ――測色器でチェック

光沢ディスプレイが「10」、非光沢ディスプレイが「0」としたら低反射コーティングは「7」くらいでしょうか?

当然僕には低反射コーティングでは満足できませんでした

このブログを読んでくれているMacユーザーの人も反射で目が疲れる人が多いと思っています。
特にMacbookなどのモバイル機器では映り込みしやすい場所で作業することがあるでしょう。

 

Macbook Proに低反射フィルムを貼ってみた

そこで購入したのが、

この反射防止を貼ってみたところ、段違いでした!

非光沢ディスプレイモデルと同等かそれ以上に反射を防止してくれています。
低反射コーティングの「7」から一気に「0」になった感覚です。

左が反射防止フィルムを貼ったMac、右が低反射コーティングのMacです。

img_0987

 

どうですか?低反射コーティングの方はかなり映り込みしているのに対して、反射防止フィルムを貼った方はかなり抑えれてます。

反射防止フィルムを貼ってからは、目の疲れが全くと言っていいほどなくなりました

 

まとめ

会社の明るいオフィスでMacを導入している方や、外でMacbookを持ち歩いている方は検討してみてはいかがですか?

もちろん自宅でMacを使用している人も是非体験してみてください。

作業効率アップに繋がること間違いなし!

スポンサーリンク