【iTunes不要で超簡単】iPhone(スマホ)からパソコンへ画像・動画を転送するアプリならこれ一択だと思う

注意
この記事でご紹介していることは、数枚程度写真の取り込みを前提にしています。
そのため無線での転送方法になっており、大量のファイルを転送する場合は時間がかかります。
大量のファイルの転送はケーブル接続してWindows10のフォトアプリからインポート等を行ってください。

少し前書き

iPhoneまたはAndroidスマホにあるちょっとした画像や動画をパソコンへ移したい。
そう思って検索してみたのはいいけど、どれも手順が複雑で面倒だったり、自分のパソコンじゃないからソフトのインストールはしたくない・・・

なんて人がいるかと思います。(僕ですけど)

でも安心してください。

今まで色々なアプリを使用してきた僕が最もおすすめするファイル転送アプリです。
(アプリと言いましたが実際にはWEBブラウザでP2P通信を行うWebRTCという技術が使われているので、パソコン同士のファイル転送ならブラウザのみで出来ます)

その理由は下記になります。

  • 手順が簡単
  • ローカルネットワークに限らず、インターネット越しでも転送可能
  • パソコンのソフトは不要
  • 面倒なアカウント作成はなし
  • PC同士でもブラウザ上でファイル転送が可能
  • 無料

 

では実際の手順はというと、こんな感じです。

  1. スマホアプリ「Send Anywhere」から画像・動画ファイルを送信
  2. パソコンからhttps://send-anywhere.com/ja/へアクセス
  3. 6桁のコードを入力してダウンロード

以上で完了。

え?①の手順だけで転送完了するアプリがあるじゃないって?

そう思った人は感がいいですね。

そうです、②と③の手順をやらなくていいアプリは多くあります。
でも同じネットワーク内での使用に限られたり、パソコンにソフトをインストールしなければなりません。
会社や他人のパソコンだった場合、同じネットワークに入れなかったり、ソフトをインストールしたくない場合があります。

今回ご紹介する方法は、 別のネットワークでも、パソコンにソフトをインストールしなくても画像・動画ファイルを簡単にiPhoneなどのスマホやパソコン等に転送できる 方法です。

では実際にやり方について解説していきます。

Send Anywhereの使い方

まずは下記よりアプリをダウンロードしてください。無料でダウンロードできます😆

Apple

 

Google Play

The app was not found in the store. 🙁

アプリを開くとこのような画面になりますので、[送信タブ] > [ファイルを選択] > [送信ボタン]をタップします。

送信すると下の画像のように[6桁のコード]と[QRコード]、[リンク共有]が生成されます。
この転送待ち中画面をそのままにしておいてください。

アプリを閉じてしまうとファイルを受信できなくなります。
また6桁のコードを表示したままでも10分経過すると自動的にリンク切れになります。

続いてパソコンからhttps://send-anywhere.com/ja/へアクセスしてください。
「sendanywhere」で検索すると1番上に出てくると思います。

トップページの「キー入力」のところに送信時に生成された6桁のコードを入力してください。
[受信]をクリックするとファイルのダウンロードが始まります。

 

パソコンからのファイルをiPhone、Androidのスマホで受信する場合

もちろんその逆のパソコンからiPhone(スマホ)に画像を転送することもできます。
こちらの場合はスマホのアプリからQRコードで6桁のコードを読み込むことができるので楽です。

[ファイルを追加]から送信したいファイルを選択して[送信]をクリックします。(ドラッグでの読み込みも可能)

 

[送信]をクリックすると6桁コードが生成されますが、今回はQRコードから読取りたいので隣りにあるQRコードアイコンをクリックするとコードを表示できます。

 

このQRコードをスマホのアプリから読取ります。

QRコードリーダーは、[受信タブ]の右上のアイコンをタップすると起動します。

一度に送信できるファイルの容量は最大4GBですが、Chromeの拡張機能を導入すれば最大10GBまで送信できるようになります。

また今回は省きましたがリンク共有もあるので、アプリやブラウザを閉じてしまっても相手にリンク先さえ教えてあげればファイルを送信することができます。
ようはアップローダーですね。リンク共有の場合は、リンク切れになるまでにスマホの場合で48時間、パソコンからだと1週間になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

6桁のコードさえ分かってしまえば他人のファイルをダウンロードできてしまうので、セキュリティに不安がある人もいるかもしれませんが、送信側のアプリやウェブページを閉じると切断されるのでダウンロードされることはありません。

ファイル転送後はアプリケーションを閉じるようにしていれば問題ないかなと思います。
仮に忘れても10分後には自動的にリンク切れになりますし。

すごく使い勝手のいいサービスなので一度試してみてください🤗

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。