【Mac】僕がChromeではなくてSafariを使う理由

safari

Macユーザーの皆さんブラウザは何使ってますか?

僕はSierraにアップデートするまでGoogle Chromeを使ってましたが、
SierraからSafariでピクチャインピクチャが使えるようになったのでSafariに乗り換えました。

またMacのChromeはメモリめっちゃ食います。(Windowsは知らない)
詳しくはSafari軽いいい!低メモリMacでは「Safari」を使うしかない。

 

今回はSafariに乗り換えて良かったと思ったことを紹介します。

・タブ固定機能
・動画を見ながら他の作業ができるピクチャインピクチャ
(別記事で紹介しています→【Mac】Safariのピクチャインピクチャが超便利!)
・アカウントのパスワードを保存してくれるiCloud キーチェーン
・トラックパッドで全てのタブをサムネイル表示
・単語を簡単に調べられる辞書機能

1つずつ紹介していきます。

 

タブの固定を活用せよ

いつも表示しておきたいサイトってありますか?

例えばYoutubeだったり、Facebook、定期的に読んでいるブログ、amazon、登録サイトの管理画面など・・・

僕の場合はYoutubeとブログ管理画面とGoogleアナリティクスだったり。

タブを固定しておけば、たくさんタブでサイトを開いてもタブを見失うことがありません。←結構重要

またSafariを終了させても保持してくれるので、再度開く必要もない。

使い方は

固定したいタブを「右クリック」→「タブを固定」
タブを固定

すると、タブが縮小してサイトアイコンが表示されます。

タブを固定

是非活用してみてくれ。

 

なぜMacでもiCloud キーチェーンを使わないの?

iCloud キーチェーンとは、

iCloud キーチェーンを使うと、承認済みのすべてのデバイスの間で、Safari で閲覧した Web サイトのユーザ名とパスワード、クレジットカード情報、Wi-Fi ネットワーク情報を最新の状態に同期することができます。

引用iCloud キーチェーンについて説明します。

ここを見てくれているユーザーの多くはiPhoneを使っているはず。

iPhoneでキーチェーンを使っているのに、MacではSafariを使っていないなんて損してますよ。

キーチェーンは、最新の状態に同期してくれるのでパスワードを変更した際にもiPhoneやMacなど気にする必要ありません。

iPhoneでSafari、MacでChromeを使っていた僕は、アカウントとパスワードの管理がバラバラで困ることがありました。

 

トラックパッドで全てのタブをサムネイル表示

ネットしているとついついタブが多くなってしまいます。

あれ?さっきみたサイトどれだっけ?

なんてことが多々あります。(自分だけではないはず)

そんなときSafariならトラックパッドをピンチインすることでタブをサムネイル表示することができます。

ピンチイン タブ一覧

これで探しているサイトを視覚的に速く探すことが出来ます。

 

単語を簡単に調べられる辞書機能

iPhoneのSafariでもあるとおり当然MacのSafariにもあります。

知りたい単語を選択して「右クリック」→「〜を調べる」
safari辞書 safari辞書

 

もちろん英単語も調べられます。

safari辞書

 

まとめ

Chromeの長所はアドオンの豊富さだと思うが、アドオンも開発者がアップデートしてくれないと

最新のChromeで使えなかったりするので僕は使ってません。

なのでChromeでアドオンをあまり使ってなく、スマホはがPhoneの人はSafariがおすすめです。

またChromeのときはMacbookのファンが急に爆音になったりすることがあったが、

Safariにしてからファンのうなりもなくなりました。

Chromeを使っている君!

たまにはSafariを使ってみてもいいんだぞ^^

スポンサーリンク