【2017年2月収益報告】月4万PV達成!でも今後別ジャンルでPV数を伸ばせれるか不安

いつもアップジェットをご購読ありがとうございます。
管理人のゆう坊です。

このサイト開設して2月にようやく万超えPVを達成することができました。

この記事では2月のアクセス統計と先月行った収入増対策、記事を書く上で気をつけていることを書いてみます。

2月のアクセスと収益

2月の記事数とアクセス統計はこんな感じです。

PV数 UU数 書いた記事数 収入
2017年2月 40618 8103 27 約6000円

※収入は全てアドセンスのクリック報酬によるものです。

ゲーム記事のアクセスがほとんどです。

2月中旬以降ゲーム記事は、書くのを一旦中断しています。(サボっててすみません。)

先月の収益報告にも書きましたが、ゲーム関連はクリック単価が低いのと、時間経過で記事の価値が下がりやすいので途中から別ジャンルで何を書こうか模索してました。

今は健康に関する記事をメインに書くようにしてますが、そのジャンルでPV数を上げることが出来ればいいんだけど・・・

4万PVを達成したので、次は月10万PVを目指して頑張っていきます。

先月行った収入増対策の結果

先月行った対策として広告の配置、アプリインストール型報酬のASP広告の配置など行いました。

1月の運営報告と改善したこと、今後の課題について

2017.02.15

広告をコンテンツの中に配置することで、クリック率、RPMともに上げることができました。

特に僕のサイトでは60%がモバイルユーザで、PC表示のサイドバー広告はスマホではコンテンツ下に配置されてユーザの目に入りづらいということが分かり、コンテンツの中に広告を配置するようにしました。

アドセンスの規約上詳しくは書けないのですが、クリック率は1.2倍RPMは1.4倍上げることができています。

あとアドセンスとは別でアプリインストール型の広告を導入してみたのですが、2月のインストール数は「0」でした。

なので、3月から辞めています。

記事を書く上で気をつけていること

ただ単に記事を書いていればPV数や収益が上がっていくほど、アフィリエイトは簡単なものではありません。

アフィリエイトで得たお金はどこから自分のところに入ってきたのかを深く考える必要があります。

Googleからでしょ?

もちろんそうですが、ではGoogleは一体誰からお金をもらっているのか?

アドセンス広告はクリック型発生報酬ですが、クリックされたらGoogleにお金を払っている人がいるわけです。

じゃあGoogleや広告主にとっての自分の役割とは?

その辺りを考えている人と、そうでない人とでは同じ記事数を書いていても収入は全く変わってきます。

あまり書くと長くなってしまいますのでこの辺で。

記事タイトルとキーワードは訪問者の入り口

まず僕のサイトは90%以上が検索からの流入です。

ソーシャルやまとめサイトなどからの訪問者は、広告クリックに繋がりにくいということが分かっています。

情報を欲している人が検索して訪問してくれることで、広告のクリックに繋がるのです。

訪問者がそのキーワードで検索しておよそ上位20位にあるサイトから訪問してきます。

当然キーワード検索でもヒットするようにしないといけないし、それプラス読みたいと思わせるようなタイトルにしなければなりません。

正直ここが一番大変です。

なぜならライバルが多いので、自分の好きなキーワードでなかなか上位にすることができません。

上位に来ないと、記事自体が読まれませんから。

それでも僕はキーワードプランナーを使ってどれくらいの検索数があるかを調べ、実際にそのキーワードで検索して上位サイトのコンテンツを読んでみて勝てそうなら勝負してみることにしています。

コンテンツのHタグや文章を興味の引くようにし、最後まで読んでもらえるように意識する

訪問してもらっても、数秒で直帰されては意味がありません。

自分が検索して記事を訪れたときに、まずはどこを見ている(読んでいる)かを客観的にみることが大切。

そこに自分の興味があるものがなければ離脱してしまうのだから。

また読みやすいように装飾するようにもしてます。

例えば、太字、文字色、文字サイズ、マーカーなど、一目でどれが重要なのかを分かりやすいように心掛けています。

ブログ開始◯ヶ月で◯◯万円などの本を読んでいてはダメ

有名なブログの本といえば、ブログ飯です。

一般の人たちにも読んでもらえるように興味の引くタイトルになっていますが、僕達が読むのはこんな本ではありません。

ビジネス書などのマーケティングのことを勉強するべきです。

例えばこんな本。

 

 

「ここらで広告コピーの本当の話をします。宣伝会議」の一例を上げると、サントリー天然水ウォーターサーバーのコピーを「わが家は、南アルプスです。」としたところ、注文が殺到したそうです。そんな話。

アドセンスの関連コンテンツが利用できるようになった

最後に、これを書いている今日アドセンスの管理画面を覗いてみると、関連コンテンツが利用できるようになってました。

アドセンスの関連コンテンツってなに?って人はこっち。

ようは関連したサイト内の記事をリスト化して、広告と一緒に掲載できる広告ユニットです。

こんなやつ↓

広告が表示されるまで結構時間がかかるみたいなので、気長に待ってみます。

また関連コンテンツを導入してどれくらい影響があったかを報告できたらいいと思います。

1 個のコメント

  • アフィリエイト関連記事が投稿されてて嬉しいです!毎回参考にさせていただいております!これからも頑張ってください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。